トップページ介護・嚥下にお悩みの方のために > 介護サービスの流れ・しくみ

【参考】要介護状態区分

要支援

介護予防サービス、地域密着型介護予防サービスを利用できます。

要支援1生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。
要支援2生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。

要介護

居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスを利用できます。

要介護1身の回りの世話に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。
要介護2身の回りの世話全般に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。排泄や食事で見守りや手助けが必要。
要介護3身の回りの世話や立ち上がりが一人では出来ない。排泄等で全般的な介助が必要。
要介護4日常生活を営む機能がかなり低下しており、全面的な介助が必要な場合が多い。
要介護5日常生活を営む機能が著しく低下しており、全面的な介助が必要。

ページの上に戻る