トップページ介護・嚥下にお悩みの方のために > 床ずれとは

床ずれケアについて

床ずれケアのポイント

圧力の除去・軽減

床ずれのケアにおいてとても重要なのが「体位変換」です。2時間ごとをめどにこまめに行いましょう。また「体圧分散」をして圧力を除去・軽減する方法もあります。「体圧分散」には耐圧分散用具を使います。

体位変換のやり方

体圧分散用具

  • エアーマットレス
  • 特殊ベッド(ウォーターベッドなど)
  • ウレタンマットレス
  • パッド(部分的な体圧分散用)

栄養改善に努めましょう

治癒と予防には栄養素をバランスよく摂る事が重要です。
食べる意欲のある人は治りも早いという報告もあります。
医療現場では以下のような方法も用いられています。

局所療法:閉鎖性ドレッシング法

ポリウレタンのフィルム材などで創を密閉して治療する方法で、創面が湿潤となり細胞増殖が促進します。密閉するため、外部からの汚染に強く、ドレッシングが薄いため圧迫も減り、摩擦で剥がれにくい利点があります。

栄養アセスメント

高齢者の持つ問題点

  1. 水分保持能力の低下
  2. 食品数が少ない
  3. 日頃から3食とらない。同じものを何日も食べる

このような人が風邪を引いたり、軽度の下痢や嘔吐をすると、すぐに脱水症状となり、食欲が無くなり寝たきりとなります。低栄養の方がこのような状態になれば、簡単に床ずれを発症してしまいます。

このため

日頃から水分補給をしましょう!
適切な栄養食事療法ができる環境にしましょう!

これらの事に関しては、管理栄養士や看護師、あるいはヘルパーやその他の在宅支援サービス、主治医に相談しましょう。

栄養状態を評価する3つの方法

身体計測

体重や身長から割り出される肥満度。上腕三頭筋皮脂厚、上腕周囲長、大腿周囲長なども計測。

栄養指標や血液データ

血清アルブミン濃度・窒素バランス・リンパ球数の検査。

食事摂取調査(栄養投与量測定)

管理栄養士による、食事摂取量(栄養投与量測定)。聞き取りによって調査し、摂取カロリー、蛋白質量、水分量、塩分量などを計算によって算出します。

参考栄養指標や血液データの検査数値について

血清アルブミン濃度【重要】

3.5g/dℓ以上…栄養状態は良好です。
3.0g/dℓ以下…栄養状態はやや不良で、床ずれ発症が多くなります。
2.5g/dℓ以下…栄養状態は不良で、床ずれ発症が非常に多くなります。

窒素バランス

ゼロか正であれば、栄養状態良好と判断できます。

リンパ球数

1500〜3000/mm3あれば栄養状態良好と判断できます。


ページの上に戻る